読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェシカおばさんの日記

なるべく毎日書ける事は書きたいです。

純子のここが好き!

どうも、うっかり土曜日だね。

なみーちぇです!

 

今日は母、純子の話です。

 

先日、友人の結婚式で神戸まで行った帰りのとある日曜日

私は静岡の甥に会いに、新幹線を途中下車しました。

姉は静岡市内に住んでいて

私の実家は芝川。

この距離、車で1時間程あります。

姉の家の方が新幹線からのアクセスがいいため

その日は泊めてもらいました。

次の日は有給を取っていたので

姉と甥と静岡をぶらぶらしよう。そんな予定でした。

母も休みの日だったから

誘おうか、誘わまいか、迷っておりました。

しかしながら、距離が微妙にあるので

私がちゃちゃっと東京に戻ってしまったらお母さんも来るだけ勿体無いし

私もまだ何時に東京に帰るからいろいろな予定の都合で決まってなかったので

ちょっとお母さんを呼ぶには状況が読めないな〜というところでした。

でも、声かけないで後で私が帰ってきてた事を知ったら

お母さん悲しむだろう。という娘としての思いもありました。

 

そして、日曜日の夜

予定もいろいろ決まり

月曜は夕方くらいに帰れば大丈夫になったので

これならお母さんに声をかけられる!

私はお母さんに電話をかけました。

 

「お母さん?明日私静岡にいるからお母さんも一緒にお昼と買い物とかしない?」

 

もちろん、予想は

"いくいく〜"

でしたが、受話器から聞こえてきたのは

「あぁ…」

 

 

嘘でしょ

嘘でしょ

 

 

 

そして、こう続きました!

「ちょっとお母さん、昨日も今日も仕事で。

掃除とかいろいろやらなきゃならなくて…

今回はいいや…ごめんね。」

 

 

 

まさかの、断られたーーー!!爆

愛しの娘も甥もいるのに?

こんなチャンス滅多にないのに?

もはやじじいとばばあしかいない

ほとんど埃も洗濯もでないだろう

家の家事を優先して来ないってありますか?

 

電話を切って姉に報告。

"ねぇ、断られたんだけど。"

 

すると姉は平然とした表情で

"お母さんのタイミングあるからね。"

 

その時思ったんですよ。

この人の娘で良かった。って。

自分のやりたい事をやる。

全然、子供にも孫にも媚びない。

凛とさえしている。

普通の親なら甘やかしちゃうところを

割と平然とクールな距離感でみているところがある。

 

あ、私もこんな渋いお母さんになろう。

そう、決心した瞬間でした。

 

しかもやりたい事が家事って

母親の鏡か!!!(笑)

 

本当に天然で

私よりも100倍可愛くて乙女な純子から

まだまだ目が離せません!!