読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェシカおばさんの日記

なるべく毎日書ける事は書きたいです。

夏の思い出

私の夏といったら実家に帰る位しかない。
だけど、旅行とかに出かけてしまって
実家に帰れず
友達と会えないくらいなら
私はとびっきりのハッピーサマーバケーションでなくても
実家に帰りたいとおもうのです。
だから、たいしたことはしないけど
実家に帰るという選択をとります。

今年の夏。オリンピックが盛り上がりました!
私も例にもれず、家族と楽しんでいた訳です。
今年は卓球が本当にすごく
男子卓球は卓球の概念を卓越していたようにすら思うのです。
波田陽区に似てると評判の水谷選手も、メダルを取る頃になると、一周回って"かっこいい"になっていました。笑

事件が起こったのは
女子卓球が朝から放送していたいつもと変わらない朝の事でした。

母と姉と私はとと姉ちゃん終わりで
卓球に夢中でした。
三人息を飲んで画面に釘付け。
ここまではみんなの気持ちは一つだったと思います。
ただ、2セット取られて3セットに向かうあたりから
2人に変化が出てきます。
母はパートへ出る準備を急速に始め
姉は甥の世話をしだす。

私はそんな事気にせず、愛ちゃんにエールを送っていた訳です。
そしたら急に母が
「ねぇ、今日はお風呂位洗ってよね!」
と言い出す。
私は、えっ…このタイミング?と思いつつ
「うん、やるよ。でもこれだけ見させて」
という、なんてことない言葉で返す。
でも、こっから私には理解できない会話が続いていきます。

母「ほんとにやるの?ねぇ、やり方あるからさー教えるから早くして」
姉「お母さん、B型には自分のタイミングあるからさ。」
母「あ、そうか、そうだね。」
姉「やるって決めたら早いから。でもまあ、仕事は雑だけどね。笑」
母「そうそう、雑なんだよね。」
2人「あはは〜」


私、この会話の際一言も発してません。
何も抵抗もせず、何も反論もせず
2人の会話にあっけにとられていました。

そして、数秒経って現実を理解した時
最近味わった事のない怒りが溢れてきたのです。

そもそもみんなで卓球見てたじゃん!
むしろお前らの方がスポーツ観戦好きだろ!
自分たちのペースで話しておいて
結局B型とか雑とか。
なんなんだよ!!
私、なんか悪い事した?
ねぇねぇ。O型のお二人?
私なんか悪い事しました?

そもそもお風呂の洗い方にやり方あるってなんだよ。
リフォームして風呂綺麗にしたからって
調子に乗ってんじゃねぇぞ!!

という、想いが私の中で爆発し
でも、もう何にも言えなくなり
結果、私は無言で席を立ち
1人風呂掃除に向かった訳です。

やり方なんて知らねえけど
水滴一つ付かないように仕上げてやりました。
そしたら覗いた母が
「あっ、そこまでやらなくてもいいよ〜」とかぬかすので
「ああ。」とだけいってやりました。
私がキレてるからなんか気を使ってくる感じ!!
それもそれでとても腹がたつ!!

でも、まあ喧嘩しても仕方ないし。
大人になって、何にも言わず仲直りしてやりました。

お母さんもお姉ちゃんも大好きだけと
やっぱりなんていうのかな。
家族ってだけで
急にボーダーレスになる感じ?
私はそれが解せないのです。
何で無駄に傷つけられなきゃならないのだろ。
そんな疑問が頭をぐるぐるする訳です。

9年も家を出てると
やっぱり家の中も変化する訳で。
こりゃ、リハビリが必要だな。と思った夏の思い出です。

私はやっぱり1人暮らしがいいや。
とか、一丁前な事は全然言えないくらい
まだまだ迷惑かけているのが
たまに傷です。


もっともっと大きく、立派な大人なりたいなー!!!