読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェシカおばさんの日記

なるべく毎日書ける事は書きたいです。

上の句人種

うっかり、一か月もブログを書いておりませんでした。

 

でも、忘れていたわけじゃなくて

書くことが本当になかったんです。

ねえ、悲しいでしょ。

私、悲しいでしょ。

 

あ~でもいいんです、いいんです。

それもまた、私らしいじゃないですか。

そんな感じで進みましょう。

 

もうすぐ四月。昨日も仕事中に卒業式帰りの親子に遭遇したわけですが

終わる季節と、始まる季節。

私は何も終わらないし、何も始まらないけど

でもやっぱり、ドキドキしますね。

うちの会社は中途で採用することも多いから全員が四月って訳じゃないけど

私たちもそれなりにドキドキしたり、環境の変化があったりします。

春は、なんとなく浮足立つ。そんな季節なわけですね。

ここまでは、いい面だけ話したけれど

これ、逆もしかりなわけです。

 

ぶち壊してくるな~

そうゆう感じか~

めんどくさいな~

やべえ人種きたな~

 

など、様々な感情が押し寄せる場合が正直5割でしょう。

でも、だいたいこの感情にはその前に付く上の句があって

”悪い奴じゃないんだけど” ”根はいい子なんだけど”

がつくと思います。

みなさん思い出してください。

なんとなくそりが合わない人、むしろむかつく人

いませんか。

でも、そうゆう人のこと愚痴っている間に

なんとなく言い過ぎた感にさいなまれて

この上の句使ってませんか?

 

本当に極悪人なら嫌いにもなれるけど

この上の句人種(と私は呼びます)は嫌いになるのも絶妙なバランスの性格なんですよ。

ほんと苦労なく育ったんだな~

とか

のんびりやってきたんだな~

とか

ご両親から一心に愛情を受けて育ったんだな~

とか

逆にすげえ一人で突っ走ってきたんだな~

とか

ひとりでやるのが好きなんだな~

とか思ったりするんだけど

でも、それ自体は悪いことじゃないじゃないですか?

否定することじゃないじゃないですか?

だから、なんか責めきれず胸張って「あいつくそ野郎だな」って私たちに言わせない何かを持ってるわけで。

 

そして私たちをまた惑わせる。

 

でも私思うんすよ。

そもそも極悪人なんてそんないなくないですか?

性根の腐ってる奴なんて絶対数少なくないですか?

だとしたら、ほとんど上の句人種じゃないですか?

だとしたら、別に上の句人種の事嫌いになってもよくないですか?

 

悪い奴じゃ無くても、根はいい子でも

迷惑かけられてる、むしろ生理的に無理ってこともあるじゃないですか。

もう、胸張って、嫌でもいいと思うんですよ。

仲良くしなくてもいいとおもんですよ。私。

 

みんなのね、精神衛生が一番大事なわけですよ。

だから、無理せず好きな人と付き合えばいいし

どうしても嫌な人と付きわなきゃならないときはガンガン線を引けばいいし

それでいいと思うんですよ。

だから、出会いの季節、素敵な出会いばかりではないって事を肝に銘じて

素敵な季節にしてください!

 

 

 

心のオアシス

インフレンザになったりなんなりで

なんもなさすぎで、ブログを更新していませんでした。😂

 

が、また、ブログを再開したいと思います。(笑)

 

友達の結婚式で地元に帰ってました💕

本当に素敵な素敵な式で

また、結婚の良さを感じて帰ってきた私です。

 

地元に帰ったものの

一泊二日だったので

大した事も出来なかったけど

今日は甥と姉と父と久々に遊んで来ました。

久々にあった甥は大きくなっていて

もう一人でトコトコ歩き

朝私を起こしに来てくれるのです。

この瞬間が最高に幸せです。

 

そんな甥とミルクランドの原っぱで遊んでいたのだけど

日曜という事もあって子供がたくさん。

 

 

その原っぱには楽しそな遊具で遊ぶ小学生達が!

気になるけど、羨ましいけど、何にも出来ない甥

f:id:koroche:20170226205234j:image

あー俺もあれで遊びたいなー

 

f:id:koroche:20170226205332j:image

 

ちょっと近づいてみる。やっぱり仲間に入れてもらえない。

f:id:koroche:20170226205450j:image

何度無理だと言われてもやっぱり気になる。お姉さんに背を向けられる。

 

f:id:koroche:20170226205515j:image

 

ついに誰も居なくなった謎の遊具に触る事が出来た!!

けど、裏側でめっちゃ汚くて母に怒られる。(笑)

 

とまあ、こんな甥の姿を追いかけた1日。

少し喋れるようになったり

私に笑顔を向けてくれたり。

泣いたり、みかんが大好き過ぎたり。

本当にかわええな〜と

なんとも言えない感情になる私なのです。

 

大人になると

やっぱり自分の大切なものって移りゆくものですね。

こんなに自分が子供の成長が気になるなんて思ってもみなかった。

 

でもね、変わらない大切なものもあって

それは、友達の結婚式に出るといつも胸にずしっと来ます。

 

今も過去も両方大切で

それを持って未来に進んで行くのですね。

考える事も多い毎日だけど

自分にとって大切なものを見失わないように生きたいと心から思っています。

 

明日からまた、仕事頑張ろ〜

て思えるのはみんなのおかげです!

本当にありがとう、みんな〜❤

 

 

 

 

 

 

なんかツイてない日

昨日はとことんツイてなくて

一生懸命段取りしたもののやっぱり現場の状況ってのナマモノで

思い通りにいかないし

 

それで、音響さんに何回も電話で謝って

 

やっと上がったと思ったら映像がおかしくなってる。って言われて

 

震えて確認してたら、また電話きて再起動して見てみたら大丈夫だった!てへっ

言われ、安心で震え

 

かと思ったら某局とすごくくだらない事で

ちょっともめて、なんだか気持ち悪いまま終わり

 

それなのに、今日はいつもと違うピリつく現場だし、自分がやるのは初めてだって言うのに

なんだ、胸がザワザワのまま帰って

 

あー、嫌な事って続くもんだなーて。

思って景気付けに、家でバカ食いして

朝体重計乗ったら

そりゃ、もう、太ってて。

帰って、食べて、寝る

だけの、こんな生活なんとかしなきゃと

自分を責めてる所です。

 

とことんとことん

ツイてないわけですが

そう思えばもう、生きてるだけでラッキーなんじゃないか。

と思って、最低限の心持ちで自分を奮い立たせようと思っている所です。

 

そんな最低限の心持ちの私ですが

ここ最近、電車の遅延が立て続き

人身事故を起こす人に一言あります!

 

"とりあえず、死ぬ前に私んとこ来いよ!!!"

 

そんな死ぬくらい辛いあなたに

私から、最高のおもてなしとエンターテイメントをお届け

っていう売り文句で活動しようか。(笑)

あなたのお悩み、すごい軽い感じにします。

そして、軽い感じのアドバイスお届けします。

 

てのはちょっとふざけたけど。(笑)

本当にね、電車に飛び込むのはやめて欲しい。

本当にみんな迷惑をするのよ。

だから本当やめて下さい。

 

 

2週間ぶりにわざわざブログで伝えたいことが

電車に飛び込むのはやめて!

という、割と重めのテーマだっていう自分の毎日をかなり重めで心配してます。

 

 

 

 

 

特になし

昨日

家が近所で会い放(会い放題)のもはや家族のみおちゃんと

仕事終わりにトリキへ行ってきました。

 

最近あまり会って無かったし

お互い暇だし

ご飯行くかーてなっていったものの

まさかの

"話す事なくない?"

ていうスタート。

 

お互いなんの変化もないため

特に面白いこともなく

ただただ、大好きなトリキのコロッケを食す。

なんなら、2枚目いっちゃう?

て、二回もコロッケを食べる。笑 

 

みおは、とりあえず

トリキのコロッケがうま過ぎて

東京にきて間もないにも関わらず

そんな中でも、トリキのコロッケの旨さを

布教しているらしい。笑

そんだけ大好きなトリキのコロッケ。

せっかく会ったのにコロッケに夢中な私たち。笑

 

昨日、話した事、もはやあんまり覚えてません。そのくらい、特に話す事がなさ過ぎて

くだらない話ししかしてなかった私たち。

 

 

でもでも、1人覚えてるのは

タイプの話。

 

みおは自分に甘やかしてくれる人がいいからジェントルマンな外人がいいと。

 

私はとにかく、大っぴら表現は要らない。実は愛情ある人がいいから武士がいいと。

 

もう、話していけばいくほど

私たちには共通点がない。

 

顔のタイプのについても改めて話してみたけれど

塚本高史のみおと

押尾学の私。

もう、広がるばかりの溝に

やっぱり今日も

"私たちって一生友達だね"

っていう結論に辿り着くのです。

(このくだり毎回ある)

 

 

そして、帰り道。

"ねぇ、もしさ、自分が路上ライブやるとして一曲選ぶとしたら何にする?"

と謎の質問をするみおちゃん。

"みお決めてるんだー。なんだと思う〜?"

とても楽しそう。

そして、

"YUIのさ、太陽のうたって決めてるんだ〜"

と笑顔120%で答えるみおに私は

"世代ソングすぎるし、めちゃめちゃ安直じゃねぇか!!"と爆笑。

 

ひとしきり盛り上がると、少し真剣な顔をして

"でもさ、こうゆうの人に言うと。そんな事考えてるんですか〜変わってますね〜て言われるんだけど。私って変わってるのかな…"

という、みおに

"そんな事ないよ〜。私も渋谷のスクランブル交差点の大きい電光掲示板に映るポッキーのCMが自分だったらうけるな〜私の周りだけ爆笑だな〜とか思うよ"

と言う私。

 

結局、やっぱり私達って一生友達だねってなるのです。笑

 

そんなこんなで

とにかく、何の中身のない話を延々にして

眠いから帰ろって解散してきた私達です。笑

でも、そんな何の気も使わないそんな関係性が最高です!!

 

ありがとう!!!

 

 

結婚について

2月は

怒涛の友達の結婚式二本な月で

金欠の極みですが

大切な友達なので、迷わず、いや迷うタイミングもなく行く

そんな私です。

7月にも一本決まってるし

もしかしたら年内もう一本あるかなー。

な感じで

私、どんだけ祝うのよ!!!

って感じだけど、やっぱりほんとに素敵な空間で、私はいつもそれに酔いしれるのです。

 

 

2017年だし

28になるし

こんなタイミングでいま一度結婚について考えてみようと、思います。

 

とりあえず、私が思ってる事としては

いい人は大体結婚してるったこと。

もしくわ、彼女がいるか。

 

この前もいいなーと思う人がいたのだけど

フェイスブック見たら

プロフィール写真、指輪しとるやないかーい!

なんで、仕事の時してないんだよーい!

おーい!紛らわしいだろーい!!

 

という事がありました。

誰かいないかなーて毎日思うけど

段々とこの生活が染みてきているのもあって

これはこれでいいよなーという気持ちになるのです。

そして、それはこの一言に集約されます。

 

 

楽(らく)

 

 

そう、これ以外のなにものでもないのです。

お腹が空いたら食べて

好きなタイミングに寝て

遊びたい時に遊んで

自分のものを買う

 

 

自由だー!!

私は自由だー!!

 

 

なんて、思うのです。

結婚もしなくてもいいのかも?て思い始めてすらしてるのだけど

 

でもね、でもね、

問題は子供が欲しいってところ。

こればっかりは1人じゃ何ともできないんだよなー

あーー

 

アダムとイブのジレンマやー!!!

(BGM♪アダムとイブのジレンマC-ute)

 

昨日

深いい話で

売れない芸人の妻は幸せなのか?

っていうのやってたけど

なんか、奥さん立派だったけど

でも、やっぱり男に私はめっちゃムカついたよ。

きっと、私たちの知らない素敵なところがあるのはもちろんそうだと思うし

私もそうゆうタイプなのだけど

 

気がつけば、一周回って

そうゆうやつへの嫌悪感しかなくなっている事件。(笑)

 

自分のタイミングとか

自分はこれやりたいとか

 

そんな甘いこといってんじゃねぇよ。

とにかく、やるんだよ。

社会人に自分のペースなんて無いし

あるとすればずっとずっとずっと先だよ!

頑張ったその先だよ!!!

自由に生きたいなんて思うな!!!

 

 

という、想いがこみ上げてしまうのです。

あー、私は変わってしまったのです。

昔の方が包み込む系だったのに

(BGM♪包み込むように/Misia)

今の方が、なんだか厳しくて可愛げのない女になってしまいました。

 

これが歳をとるということでしょうか。

経験するって事でしょうか。

 

 

でも、まあ仕方ないか。

うんうん、だっていつまでも少女じゃいられないもん。

(BGM♪夢見る少女じゃらいられない/相川七瀬)

 

結局は私は私らしく生きてくしかないのだと毎回思うのです!!

 

 

とりあえず働いて

f:id:koroche:20170124091259j:image

f:id:koroche:20170124091403j:image

 

早くこいつらに会えるように頑張るのが私にできる事ですね。

 

 

今日はあまり文章の構成や
内容など精査せず
殴り書きの様になってしまったけれど

金曜日じゃないから許してください!

でわでわ、また。

 

 

 

主観客観

私の会社の目の前の席には2人の男性が座っています。

1人は52歳くらいのデスク。

もう1人は35〜40手前くらいの部下。

 

どちらにせよ私よりも随分大人です。

この2人、問題なのは非常に仲が悪い。

というか、もう遺伝子レベルでソリが合わない。

うちの班の中で年長者の2人がそんな感じだから

年下〜ずの私たち20代は毎日、それはそれは気を使うのです。

まあ、気を使うのは年下の役目として受け入れるにしても

こんなに合わないコトある?っていう極みなのです。

 

52歳デスクは

激アツ、感覚タイプ。職人気質で細かいことは気にせず、困った事があればよいしょ〜て解決に向かって進行してくれる。

 

30代後半部下は

冷めてる、機械タイプ。言われた事はきちんとやるが、自発的な行動はなく、とにかく効率を求めてる。

 

 

ね、こんな真反対の2人。

もう、1ミリも話が噛み合わない。

私はデスクとは仲がいいから分かるけど

部下の方はめんどくさがりで兎に角、仕事を減らしタイプの人で

そんな姿勢が見えるからシンプルにムカついてるんだと思うんだけど

この前、さすがにそれは〜という事があったので書いてみます。

 

 

部下「誰か一階の会議室使う人いますか?いないなら使っていいかなー?」

みんな「大丈夫です〜〜」

デスク「二階じゃだめなの?」

部下「いや、別に二階でもいいですけど」

デスク「じゃな二階にしろよ。」

部下「いや、その方がいいならそうしますけど、ハイ。空いてるって言ってたんで。」

デスク「別に一階に固執する必要ねぇだろ」

 

 

とりあえず、別に誰も使ってないんだから

一階使ってもよくねぇ?笑

さすがに、デスク、ちょっと意地悪じゃねぇ?笑

そして、わざわざ険悪になってる出来事が

どおでも良過ぎじゃない?笑

 

そう思っていたのはきっと私だけじゃない。

 

私が察するところ

部下が私たちに

「一階つかっていい?」

と聞いたことで、みんなが使いたい!って言いづらくなってしまったのではないか。

という思考が働いたのではないかと思います。

きっとうちらを守ってくれようとしたんだと思います。

 

しかしながら、主観が強過ぎて

相手を客観的に見れないがあまりに

いよいよ、見当違いの事で小競り合いしだしては本末転倒です。

 

主観が強すぎると

相手を見る目も

物事を見る目も

曇る。

 

だから私は客観的に物事を見るってのを大事にしています。

 

何事も、スムーズに物事が進む事が一番で

傷つけ合わないのが一番で

そのために、私の客観性はフル稼働しています。

まあ、それはそれでどんどん自己が弱まっていってしまい
なんか、全部どうでも良くなるっていう
弊害も出ています。

 

いいんだか、わるいんだか。

とりあえず、今後も目の前で行われる小競り合い

巻き込まれないように生きたいと思います。

 

 

 

責任感が強い

私って自分でもビックリする程に

責任感が強いんです。

 

兄弟はそんな事ないのに

1人だけぶっちぎりの責任感。

両親だってそんなにないのに

もう、遺伝子ってより前世の問題かな。

もしくわ、前前前世。←

そんな事をふと思って、思い出した事があるのでは書きます。

 

小学4年、5年くらいだったかな。

私、下校する前に学校の旗を下げる係だったんですよ。

週に一度くるこの日。

私は本当になぜか、すごく忘れてしまって。

何度か先生にも怒られました。

サボりたいわけじゃないし

必死に手にメモしたりするんだけど

なんだか忘れちゃう。

 

真面目な私は今度はそれでめちゃめちゃ自分を責める。

なんで忘れちゃうんだろ。

本当はちゃんとやりたいのに。

あーまた先生に怒られる。

 

そんな事をいっつも思うのに

放課後にはすっぽり忘れているんです。

 

 

そんなある日。

家で寝ていると、ふと旗を下ろしてないことに気づいたんです。

時計は夜の11 時

子供の私にとってはだいぶミッドナイトな時間でした。

 

そんな時間に気づいてしまった私は

眠れなくなり

どうしよ…どうしよ…

しかも雨が降ってるよ…

旗がびしょ濡れになっちゃうよ…

悶々

もんもん

モンモン

 

そして、両親が寝ている部屋にかけこみ

「お''があ"さ〜!!!!はだー!!!(お母さん〜!!!旗ー!!!)」

 

と大号泣!!!

ビックリする両親。

明日早く行けば?

という両親に、泣き続ける私。

「だっで、あ"め"が〜(だって、雨が〜)」とさらに泣く私。

ついに、私のあまりのパニクりように

お母さんが車で学校まで行ってくれたのでした。

 

学校に着くと、真夜中の空に校旗がはためいていました。

今でも、あの景色、わすれません。

必死に旗を下ろして、家に持ち帰りドライヤーで乾かす午前0時。

 

小学生の私にとっては心臓がはちきれそうな責任感強すぎる出来事なのでした。(笑)

 

次の日、何事もなかったかなように学校に旗を持っていく私。

こうやって私は誤魔化す事を覚えました。

責任感が強すぎで、誤魔化す事を覚えました。(笑)

なんでも物事っていうのは裏表がありますね。

いい事も、やり過ぎたら悪い事になっちゃう事もある。

ああ、結局バランスが大事だね。って

そうゆう話です。

 

未だに責任感が強すぎて

仕事し過ぎたり、それでイライラしたり。

それはそれで良くないなーて思う2017年です。

だから、今年はもう少し気楽にあまりのせかせかせず、心にゆとりを持って生きたい。

そんな目標です。