ジェシカおばさんの日記

なるべく毎日書ける事は書きたいです。

言葉にすること

最近、湊かなえ原作の”Nのために”

というドラマを今更ながらみました。

 

これ、ざっくりいうと。

誰かのためにみんなが動いているのに

その誰かを気遣って、誰も深い事は言葉にしない。

そして聞かないままに、物事が進んでいって

すれ違い、すれ違い

誰も望んでいなかった結果にたどり着く。

 

○○のために…って

したことなのに、そんな悲しい事ありますか?

とこのドラマを見て、思うわけです。

 

つまりね、言葉にしなくても100パーセント分かる事なんてほんとは無くて

だから、どんな些細なこともくだらないことも

相手が、大切であればあるほど言葉にするべきなんだ!って思ったわけです。

すれ違いたくないもんね。

 

生きてて。

一言ってやりたい!とか

本当は自分の気持ちを伝えたい!とか

様々だとは思うけど

みんな少なからずあるでしょう。

 

でも

こんなこと言えないとか

こんなこと言っていい間柄じゃないとか

これを言ってしまったら、終わるとか

そんなこと思って

伝えきれぬまま過ごすことがあるのではないのでしょうか。

 

大人になると余計に、そんな風に過ごすことが多くなる。

 

言葉にするという事は、責任が伴うからね。

仕方ないことだと思うけれど

あたしは、なるべくだけれど

素直に、まっすぐに、気持ちを言葉にできる人と一緒にいたいと

最近、そう思います。

 

でなきゃ、やっぱり心がさみしいもの。

 

自分の気持ちに嘘なく付き合える

そんなみんなが最高です!!!!

 

 

 

 

 

広告を非表示にする