読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェシカおばさんの日記

なるべく毎日書ける事は書きたいです。

好奇心に勝てない

金曜更新4回目は好奇心の話。

今週の水曜日。
みんなでわちゃわちゃ新大久保に焼肉に行きました!
その中にはおなじみさなちゃんも居たわけですが
まあ、とても楽しい宴となりました。

そして、昨日木曜日。
さなちゃんからメール。
「ねぇ、なみーちぇ。私熱出たわ」

え!
昨日あんな、ぶち上げだったのに?
あんな笑顔だったのに?

本人に聞けば、ちょっと前から喉に何かつっかえてるな〜とは思ってはいたそうで
でも、それは物理的に何かつっかえてると思っていたそうですが
実の所は、風邪だったそうです。
フラフラになりながら会社に行き
フラフラになりながら仕事をしたさなちゃん。


昨日夜。帰宅中。
私とさなちゃんは最寄りが一緒です。
なので何か必要なものがないか聞いたわけです。
"大丈夫、今さば缶たべてる!"

それなら、大丈夫そうだ。

"でもね、なみーちぇ。あまりにも声が出ないのが面白すぎて声出したくなっちゃう。"

何それ。
どうしよう。
めっちゃ聞きたい。
でもでも、熱がある人の所に
それだけで行く?
いやいや、迷惑だろ!
でもな〜…
気になるな〜…
いや、でもだめだよな〜…












"ねぇ、さなちゃん、聞きに行ってもいい?"

とメール。
好奇心に勝てない私。笑
そして、
"全然いいよ!"という最高なさなちゃん。
そんなこんなで、私はさなちゃんの出ない声を聞きに行く事になりました。

玄関前エントランス
オートロックの前で呼び出しボタンを押す。
いつもなら"はーい!"と言ってくれる。
今日はどんな声をかけてくれるのだろ。

ピンポーン



ドキドキ
ドキドキ


さなちゃんの声を待つ私。

ウィーン。
と無言で開くドア。
さなちゃんの声はしない。

なるほど、さなちゃん。
最後までじらすつもりだな。

俄然高まる期待!!

そして、家の前の扉まで辿りつく。
今度はインターホンを鳴らす。
すると
「はいっでぎで〜」(入ってきて〜)
とすごくガザガザな、か細い声。
そして、思っていたよりも不安定なその声に
一抹の不安定を覚えとっさに扉をガバっと開ける。

すると部屋の奥で片足を持ちながら
険しい表情のさなちゃん。
「づっだ!づっだ!」(つった!つった!)

そう、さなちゃん。
こんな絶妙なタイミングで
足の裏までつってたのです。笑

爆笑の私。

"いだい。いだい"(痛い。痛い。)と訴えるさなちゃんに
とりあえず、座るように促す。
そして、しばらくして落ち着いてきたようで
しばしの談笑。
そして、気づく。
"あれ、私声出るようになってる。通る!"

まさかの、私が来たこの一瞬で声が治るという奇跡。

そして、思う。
"私すごくない?タイミングすごくない?"

この短時間の奇跡の数々に腹を抱える私たち。
そんなこんなで少しお話して
元気な姿を確認して
ものの15分程で帰る私。

そら、そうです。
だって相手は病人なんだから!!!

親しき中にも礼儀あり。
そんな木曜日の夜なのでした!!





明るい法事

金曜更新3回目
今日は実家に帰省したときの話です。

じいちゃんの17回忌で静岡に帰省しました。
もう、あれから17年も経つのか…
ちょっとノスタルジックなセンチメンタルな気分に浸りながらの帰省。
姉と旦那と甥がお迎えに来てくれました。
西松屋など寄りがてらお寺に着いて
少ししたら家族みんな集まって姪も登場。
うちのアイドルが揃ったところで法事スタートです。

子供がいるからそれこそ賑やかになるなーと思ってはいたけど
想像を超えていました。

法事スタートしてしばらくするとふと横を見るとニコニコしながら姪が立っている。
そして、手にはお経の本。
ニコニコニコニコ


やばい、めっちゃ楽しそう。笑


後ろを振り向くと義理の姉(姪の母)が口パクで"ごめん"と伝えてくる。
OKOK!とまた姪に目をやると
姪が私の前の木魚に手をつけている。



"やばい、お坊さんより先に木魚打とうとしている!!!!"


姪はもうバチを振り上げている。
私は必死に木魚に手を当て音が鳴らないように守る。
私と姪の攻防戦!!!
"ちょ、ちょ…"と私が苦戦している間に
すぐさま後ろの席にいた義理の姉が姪を連行していきました。笑

はー…なんとかこの危機を乗り切ったね。
そうすると甥がギャン泣きしだす。
ああー…だめだこりゃ。
姉は(甥の母)はそそくさと外に出る。

お母さんって大変だなー…といつだって独身気楽組な私は母の偉大さに気付かされるのです。

気を取り直してお経を聞いていると


"ポクポクポクポク"


"嘘でしょ…まさか…"



振り向くとついに、姪が母親の制止を振り切って
お坊さんより先に木魚を打っている。
やっぱり満面の笑み。笑

慌てる私と義理の姉。
あまり大きい声も出せないので
義理の姉は表情と力で姪と戦う。
そして、なんとか姪の手からバチを取り上げる。
姪は不機嫌になりダダをこねていたけど
なんとかフライング木魚の乱を乗り越えた私たち。笑
ほっと一息。

するとすぐにお坊さんから
"皆様も木魚ご一緒によろしくお願いします。"のアナウンス!

姪に木魚チャンス再び到来。

今度は私たちも心おきなく姪にバチを渡す。
お坊さんの音に合わせて姪は嬉しそうにポクポク。
そして、私がそれに合わせて揺れると
すごく喜ぶ。
ということで、27歳にもなって
法事でリズムを刻む。という無礼をかます私。
もう、この辺りから私たちは今日は法事でここがお寺だということがどおでもよくなってきてました。笑

終始子供に振り回されて法事も佳境を迎え
最後お坊さんのお話というところまで来ました。
ただこれが難関だったのです。

まず、内容がとてつもなくとりとめない。
びっくりするほどにとりとめない。
ただのおじいちゃんなら許すのだけど
お坊さんだから期待してしまう。
それなのに壮絶にとりとめない。笑

もしかしたらこの次はいい事言うかもしれない。

あっ、次こそはいい事言うかもしれない。

そう思って聞いているのだけど
やっぱりとりとめないない。
最終的に自分が死ぬのが怖いっていう話をしだす。


おい!坊さん!!

そうゆうの悟ってんじゃねえのかよ!!

煩悩まみれじゃねえか!!

しまにいには
今日は副住職がいないのが残念です。
2人でできたら良かったのだけど。
やっぱり2人は楽だからね。
あはは〜


やっぱり、ものすごい、ものごっつ煩悩にまみれてるじゃねぇか!!笑


この間20分くらい。
うちの家族はとりとめなさすぎてもう誰も聞いていない。
それを不憫に思った従兄弟が一生懸命聞いていたのだけど
もう、従兄弟しか聞いていないから
お坊さんも従兄弟にロックオン。
もう、従兄弟に向けてしか喋っていない。
それを見て私はもうおかしくなっちゃってお経の本で顔を隠す。
そして、それを見ていた向かいにいたおじちゃんがもう声を出して笑う。
それを受けて隣にいたうちのお母さんが
おじちゃんにキレる。
そんな横で父は急に立ち出してずっと甥を抱いていた姉と変わって甥を抱っこしだす。

あぁもうだめた…
とにかく収集がつかなくなったところで

お坊さんの話も締めに近づいてくる。
もう最後だ。もう最後だ。と我慢していたのだけど
お坊さんが最後に言ったのは
"108回お経唱えるところ110回しちゃいました"←ニコニコ


え、なんか良くわかんないけどいいの?それ?!
おじいちゃんに届いてる?
大丈夫?
回数とか大事じゃない?!

その時、家族全員がそう思っていただろうと推測します。

兎にも角にも
全員が煩悩にまみれた法事はなんとか終わりを迎え
あー、私ってやっぱり遺伝子がハッピーなんだと気付かされる法事なのでした。






番外編 後輩のK平の最近

みなさん、今日は移動時間が長いので金曜でないけれど更新してみようと思います。

以前"なみーちぇ母になる"という記事で紹介した
私の事をほぼ母親と思ってるK平。
最近も親子関係は続いていますが
母的には仕事で言えばもう一踏ん張りして欲しい。
そんな状況であります。
そんなこんなでこの前ちょいと説教的な事をしたわけですが
思った以上に凹んでしまいました。
でもね、優しさは時に罪で
優しいだけじゃやっぱり人って分からない訳ですよ。
だから私は思いっきり言うし
突き放したりもします。
もう、ボコボコに凹ませてやろう。
それが今のあの子の為だ。
そう思って、心を鬼にして凹ましているところであります。
仕事以外にもいろいろ足りなく注意する事がまだまだ多くあります。

悪い子じゃないんですよ。
ただ、いろいろ知らない。
上下関係やそうゆうコミュニティーでの立ち振る舞い。
こうゆう、面倒くさい関係の中でどうやっていけばいいのか
知らないだけなんですよ。
でも、彼を見るといつも思う事があります。"自分の子供はとりあえず運動部にぶち込もう"
こんな偏見じみた考えが私の中を駆け巡る。
いや、運動部だけじゃない。文化部でも、吹奏楽部などの大変な部活に入らせよう。
とにかく、チームの中で生きる事。コミュニケーションを取ること。
それ以外にも上手くなる為にみんな練習する訳で
そうゆう意味で頑張り方を学ぶ訳です。
夏まで部活しかやってなかった野球部が
夏以降に本腰入れて受験勉強してぐんぐん成績を伸ばすのは
彼らは頑張り方、自分の追いつめ方を知っているからだと私は思っています。
そんな訳で、体育会系の私には一味も二味も物足りないK平だけど
まあ、可愛いやつなのでいちいち注意しながら精神面から鍛え直してる最近です。

そんな彼からラインが届きました。





「彼女と別れました。正確には切り出したという事で」





さすがに、お前が彼女と付き合ってても無くてもどっちでもいいわっ!!!!笑
何で私にわざわざタイムリーに報告した?!笑
しかも"切り出したという事で"っていう謎な上から目線なんなんだよ!!笑

と、思って少し考えてみたら
少し思い当たる節はありました。
彼は大学時代からずっと付き合っている彼女と遠恋をしています。
彼女が東京に出てくるから同棲するかも。という話が浮上していて
そのあたりから彼は悩んでいました。
それは同棲が嫌とかじゃなくて
"正直もうちょっといろんな人と付き合ってみたい"
という中学生みたいなどうしょうもない気持ちからで
結構長い間それに葛藤していました。
私や私の同期は"出会い何てそうないし、ましてや付き合える人なんてそうそういない。だからそんなバカな考えで別れるのはやめろ"

そう言い続けていたのです。
しかしながら、私たちの思いは儚く消え去ったわけです。

そんな経緯があって彼は私に直々に連絡してきたのだと思います。

まあ、ここまで説明して一つ言える事は








"ど、う、で、も、い、い、わ!!!"
です。
やっぱり、どうでもいい。笑
好きにやってくれ。

とりあえず、母としては彼が健やかに生きれる事だけ祈って後は放っておこうと思います。






他人の家族に馴染む

お待たせしました。笑
この一週間、3人位にブログたのしみにしてるよって言われて、俄然やる気な私です。笑

金曜更新第2回は私の謎のポジションの話です。

先日ライターIさんとといろいろ話ていた時の事です。
過去のIさんの書いてくださったお話に
子供たちがアイドルを目指してダンスを考えて発表する。というお話がありました。
もう、2、3年前ですが、放送にあたり具体的にダンスを考えなくてはならず
私が振りを作ったという経緯があり
それを、ご本人に伝えた訳です。
そしたら「えー、そうだったんですか!!娘に報告しなきゃ!」


うん?!
なぜ、娘…??
と思い
「娘さん、私の事知ってるんですか?」
と聞けば
「そら、知ってますよ!!娘、熊谷さんのファンですよ!!私ものすごく熊谷さんの話しちゃう!」
と言われました。

まさかの、Iさんのご家族のネタに一役かっているー!!!!笑
そして、もう馴染んでいるー!!!笑

私は自分の溶け込み能力に脱帽しました。笑
会ってもないのに。
Iさんだってまだ一年も一緒に仕事して無いのに。
それなのに、ご家族になじませて頂いて
私はそんな時、まだ一度も会った事すらないIさんの家族に底知れぬ愛おしさを感じるのです。

また、別のライターさんHさん。
私は未熟者ながらシナリオを書かせて頂き
それが今月放送になります。
一般の人には配布されませんが
私たちは放送スケジュール表を持っていて
そこにはライターさんや演出さんの名前いつ放送になるかなどなど記載されていて
これは私が管理しています。
内容が決定すると各所に配布
ライターさんにも配布させて頂いています。
この前、車でHさんを迎えに行った際の車内で
H「熊谷さん、シナリオ書いたんですね?」
な「そうなんですよー、未熟者なんですがすみません…」
H「いいじゃないっすかー!てか、俺気づかなくて。スケジュール表見て嫁が教えてくれたんですよ〜」
な「え、奥さん私の事認識してるんですか?」
H「当たり前じゃないっすかー!知ってますよー!」



うん、だから何で?笑


という問いが私の頭の中を駆け巡りましたが
やっぱり今回も他人の家族に馴染んでいたようです。笑
そして、今回も例にもれず
会ったこともないHさんの奥さんになんとも言えない愛おしさを感じるのです。

思い返せば
友達の家族に異様に褒められたり
ハンカチや靴下を頂いたり
"うちのお父さんなみのファンだよ"と言われたり
友達の彼氏(束縛めの)に"なみちゃんならいいよ"と言われたり
そんなことがありました。

私ってなんなんだろ。
改めて今回考えてみましたが
きっと安定の塊なんだと思います。
だって中学の文集の"いいお母さんになりそうな人ランキング"は多分一位か二位だったと思うし
もしかしたら、みんな私になんだか分からないけど
安心感を感じてくれているのかもしれません。

そう思ったらやっぱりみんなが愛おしくてたまりません。
みんなを抱きしめたい。
マザーテレサってこんな気持ちだったのかな。
そんな感じです。

27歳は愛を持ってマザーテレサ目指して頑張っていこう!
そう決意を新たにしています。っていう話です。










全然知らない人の悪口をいう仕事

意外に、「ブログみてるから更新してよね!」という友人からの意見をいただきます。
非常に嬉しいので
金曜日を更新日として基本書いていこうと決めました!!

そして、そんな新たな気持ちで始める第一回目は
悪口の話です。

私、友達の事が大好き過ぎて
友達が誰かに嫌なさせられた場合
その"誰か"を知らなくとも
コテンパンに悪口を言う。
という特技を持っています。

だいたい私が請け負う対象は
会社の人で
上司
後輩
取り引き先の人

とまあ、こんな感じです。
一通り話を聞いた後に
「写メ見せて!」
こう言います。
ちなみに私は大学のとき写メばばあと呼ばれる程に写メを欲していました。笑

何故こう聞くかと言えば顔を見ればなんとなく人となりがわかるからです。

そして私は写メを確認した後

顔は可愛いかもだけどこの人顔でかい!
絶対息臭い!
完全にもうハゲるでしょ!
図体だけでかくてどおしようもねぇな!
でくのぼうか!
可愛いのかもしれないけどなんか体のバランス絶妙に変だよね!
絶対部屋汚いっしょ!
高校まで暗かったでしょ!
骨太か!
男みたいな顔だね!
毛深そう!
肌絶対弱いでしょ!


と、とにかく友達の話と写メの情報を総合して
コテンパンに悪口をいいます。
そうすると、みんな怒ってたのに
「そこまでじゃない。笑」
と言って穏やかに気持ちを取り戻す。という副作用をもたらします。笑


この前も姉がとある知り合いのことで困り果ていて愚痴を聞いていました。
その人、私も知っていたので
写メを見るまでもなく

あー、マジか…あの見た目でそんな使えないはクソだね。
デブのくせになー。
あのデブなんかまたしでかしたのー?

と、とりあえずボロクソに言ってやりました。
そして、やっぱり姉が「あいつ、今別にデブキャラじゃかいから」と私をたしなめ
心を穏やかに戻すという事がありました。笑


私も、全然知らない人の事を悪口いうのはどおだろ?
と思うのですが
みんなそれで笑って帰っていくので
やめられません。

知ってたらコテンパンに言えないしね。
だから、もし私に悪口言って欲しい人が居たら気軽に連絡下さい!!



身分の話

この前。
ラインで彼氏いない女子4人が話していた時の事、
1人が「私たち独身貴族だからね〜」という言葉を発した時に
ある事に気付いたのです。

待って…私達独身だけど貴族じゃないよ!!

それから、とにかく身分には気をつけようという話になったのですが
注意深く日々を送っていると
やっぱり身分をわきまえない発言が多々ある事に気付きました。

ケース1
自宅にて

さなちゃんとうちでご飯食べてた時の事。
ご飯をたらふく食べてテレビを見ていたら
今度やるドラマの「ラストコップ」のCMが流れていました。
f:id:koroche:20160921091814j:image
これを見て、私が
「私、唐沢寿明好きなんだよね〜」というと
さなちゃんが
「私窪田君好きなんだよね〜」といったので、2人で
「そしたらちょうどいいね〜」という話になりました。

ちょちょちょちょっと待って!!
何をもって、そして何がちょうど良いのか。
全てが謎に包まれるまま
謎に2人と肩を並べて発言してしまった私たち。
クラスメイトじゃないんだから!
合コンじゃないんだから!!
いや、まだそれなら話しようがあるけれど
もう、これ以上なんの発展のしようのない話に
私たちはただただ笑うしかありませんでした。


そして、お腹いっぱいのさなちゃんは雨の中陽気に帰って行くのでした。笑


ケース2

この前なりなりとカラオケに行った時の事。
私たち、お互いにハロプロが好きで
その中の派生ユニットのダイヤレディーのレディーマーメイドを歌おうと約束してました。
これは鈴木愛理ちゃんと菅谷梨沙子ちゃんのユニットですが
私が梨沙子のパート。なりなりが愛理を歌うというのは決めてました。
歌ってみると、非常に、非常に
モーレツに楽しく。
またアイドルになりたいという遅ればせながらの夢が再熱してしまうのではというほどでした。
結果私たちはこれを2度歌いました。
もっと練習しよう!!という意識高い話にはなったですが
問題はこの後。
私「やっぱりさーこれうちらにぴったり。
だって私は梨沙子でなりなりは愛理だもん。」
な「そーなんだよなーぴったりなんだよなー」

この私たちの発言にはこんな意図があります。
私は金髪でなりなりは黒髪
私は派手でなりなりは王道
私はムチムチしててなりなりはスレンダー
と、まあこんな感じな訳ですが
私、またやっちゃいました。
また身分わきまえなかったんです。
とりあえずご本人達の写真をご覧ください。








f:id:koroche:20160921085904j:image
f:id:koroche:20160921093921j:image

どっちかといえば私が金髪でなりなりが黒髪で。
どっちかといえば私のほうが派手でなりなりが王道で。
どっちかといえば私がムチムチしててなりなりがスレンダーで。
ってだけで
どう考えても梨沙子と愛理じゃない。笑
人間を梨沙子と愛理の二種に分けた場合
私が梨沙子でなりなりが愛理っていうだけでした。笑
大人なのに、やっちまうところでした。
でもまあ、二人きりのカラオケボックスだったので
問題ないでしょっ!!!
そして、何より楽しかったので
2人も許してくれると思うのです。笑


身分をわきまえられない事な
結構あります。
でも、わきまえずに言ってみたい事もあるのです。
あー、現代が身分制度制廃止されててよかったー。
私、昔ならもうずっと前に殺されてます。笑

あー、日本が自由で良かった。
結局、そうゆう話です。

 

洗濯の事

ここ四年ほど一階に住んでから
洗濯物と言えば部屋干しで
そんなに困った事なかったんですが

新しい家にして初めて部屋干しをしてみたら
もー湿気が凄すぎて困っています。
しかもベランダの物干しざお置き場は
位置が低く長い物なんか全然干せなくて
引っ越し初日はなんとかなんとか
干したんだけど
洗濯しにくいなーと途方に暮れています。

昨日の夜二回目の洗濯をしたわけですが
やっぱり一週間まるまる洗濯しないわけにはいかないし
かといって、夜中に外に干すわけにいかないし
部屋干しをしてみたんだけど
部屋がジメジメ。
ここにきて、急に洗濯物に悩まされる
そんなターンが回ってきてしまいました。

部屋干しの事はとりあえず置いておくにしても
周りの皆さんはどう洗濯してるのだろう?
あたりのマンションを見渡すと
皆さんやはり低い洗濯干しを使っていて
あ、やはり都会はこうなのか。と痛感した次第です。
でも、私やっぱり高い位置から
風に当てて洗濯物干したい!!
ふわふわの洗濯物と生活したい!!

という強い想いのもと
例のごとくネットサーフィンをはじめました。
調べてみると
以外にみんな同じことで悩んでるみたいで
いいアイディア頂きました!

天井と地面に突っ張る式のつっぱり棒で
そこに物干しをかけられるフックが取り付けられています。
これならベランダの幅も高さも自由自在です。値段もお手頃だしこれを設置してみようか!と思うのですが
うちのアパートでそんな事している人誰もおらず
ちょっと不安に思っています。
そもそも、みなさん夜は必ず雨戸を閉めるし
一日中閉めてる人も居るし
洗濯物はそんなに量も多く干して無いし
みんなどんだけ生活感ないの?と疑念に思ってます。
みんなきっと防犯のためになるべく外に出さなかったり
雨戸を閉めたりしているのだと思うのだけど
そんなにここ危ないのかなー。
そんな事ないと思うんだけどなー。
一軒家の人はばんばん干してるとおもうんだけどなー
やっぱり一人暮らしだと危険なのかなー
そして、結局女の一人暮らしの切なさを痛感するのです。

なんだか気になって
東京都内の犯罪率ランキングを見たんだけど三鷹市はかなり犯罪率が低いらしく
住みやすい街として紹介されておりました。
ほら、やっぱり。大丈夫じゃん!
私はたくましく生きます。
だからベランダに洗濯物のつっぱり棒を設置するし
休みの日はなるべく空気の入れ替えでカーテンや窓も開けます。
だって、すっきり生活したいじゃない!!
私は屈しません。

と、言ってみるものの
やっぱり考えれば考えるほどに怖くなる。という負のループなので
とりあえず、
不動産屋さんに意見を乞う。
②交番で防犯対策を訪ねてみる。

この2点に絞ってとにかく行動していこうと思います!
せっかく新しい生活を手にしたのだから
思う存分楽しみたいと思います!

まあ、これで外干しはいいとして
部屋干しのいいやり方ある方は
なみーちぇまご連絡下さい!!